屋上防水改修工事

施工前

防水改修工事は既存の防水の書類および状況に応じて適切な改修工法の選定が重要となります。
既存防水は同じように見えて、物件ごとに細かい収まりが異なります。
どうすれば漏水が発生しない健全な防水層が形成できるか豊富な知識が必要です。

施工後

基本的には10年間の防水保証書を発行させていただきます。
漏水の保証は大きな責任が伴うため、特に防水立上り端部の仕上げ状況や
パラペットの水切りの有無を確認し、安心できる防水施工をお約束します。