共用廊下改修

施工前

共用廊下床の改修工事で難しいことは居住者様がお住まいながらの工事の場合です。
施工中の廊下の通行にできる限り支障がないように段取りをすすめる必要があります。

施工後

一般的に新築時の共用廊下は防水をしていないことが多く、下階の天井に雨水が発生していることが多く見られます。
廊下床でも通行をほとんど制限せずに防水層を形成し、防水保証書を発行することが可能です。

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせはこちらから